FDA

ジェネリック系育毛剤ってなに?

「ジェネリック」という言葉はよく聞くのではないでしょうか。
薬を開発したのとはまた別の製薬会社によって、同じ成分の薬を売り出していることです。
育毛剤にジェネリックと思われるかもしれませんが、飲む育毛剤であるタイプにはジェネリックとされているものが多数あります。

ただしどの薬も厚生労働省からの認可は下りていません。
一般的にフィナステリドという同じ薬品から生まれたプロペシアには、フィンペシアというジェネリック医薬品があるといわれており、そのように扱われています。
しかし正確にはフィンペシアはジェネリック医薬品ではありません。

プロペシアは日米共に特許が切れていないのです。
薬の開発というのには膨大なお金がかかります。
一般的には開発のために数十から数百億円もかかっていますので、特許法により出願から20〜25年間ほどは独占的販売権が認められているのです。

プロペシアが開発されてからの特許は今だ継続中なのです。
しかし駄目なのは国内であり、フィンペシアを製造しているインドの特許法では製造工程に特許が課せられています。
そのために製造過程が異なれば、ジェネリック医薬品の製造が可能となっているのです。

他にもミノキシジル系ではロニテンのジェネリック医薬品のノキシジルが製造されており、こちらも血流を促進し、毛根へ直接に栄養成分を送り込む働きをする薬として開発されているのです。
残念ながらフィンペシアは国内生産のものはなく外国産になりますが、ノキシジルは国内でも生産されています。
ジェネリックの本来の目的の通りに成分も効果も変わることがないままに「後発医薬品」であることから、別の会社が作ったという理由から安くなっています。

勿論薬の成分は変わりませんのでご安心ください。
ただし外国産の個人輸入のような場所で買う場合は、大手のところを選び日本でも買いやすいようにしてくれるところを選ぶようにしましょう。
個人で購入する場合は自己責任ですのですべての薬に対して当然といえます。

▼こちらは育毛効果のある食べ物が紹介されています。


また、下のサイトは
▼育毛シャンプー人気ランキングがあります。


どちらも是非ご覧ください。

Copyright(C) 2013 大切な髪を守るために All Rights Reserved.